株式会社 メック


 

 
業務一覧


当社ではいかなるお客様の要望にも合せて、ドック以外の場所にも技術員を派遣し、工事を行います。ドック前のパージ中、沖アンカー中、荷役の合間の待機時間等に、下記のような船級検査項目やメジャー検査要求項目の点検・整備が可能です。

ボタンをクリックすると詳細説明にジャンプします

) タンク
 
  
・計量器(圧力計・温度計・液面計)精度確認

従来、圧力計・温度計は、本船上から取外して検査会社に持ち込み、検査を行っておりました。しかし、折角校正した計器が、輸送中の振動や衝撃等によりダメージを受けたという相談をよく受けています。
当社では、本船上で精度確認を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
輸送中の振動や衝撃などで精密な計器の故障を心配することはありません。

定期検査でタンク開放を行う場合、カーゴタンク付フロート式液面計及びスリップチューブ式液面計について、タンク内に入り、実測の上精度確認を行い成績書を提出します。


これら計量器の販売及び部品供給を行っています。
ページの先頭へ

  ・税関手続き(計量器の新規・更新及び延長願い、タンクテーブルの新規・更新等)

日本国内だけでなく海外へも貨物を運ぶ外航船は、カーゴタンクの計量器(圧力計・温度計・液面計)により貨物の輸入・輸出量を決定します。これらの計量器は、税関殿に認証された第三者検定機関殿立会の下、定期的な検査(計量器は2年毎、タンクテーブルは10年毎の更新)が行われています。

当社では、計量器及びタンクテーブルの申請をお客様に代わり行い、それらの計量器の精度確認を行った後、第三者検定機関殿・税関殿へ報告し、承認を得ます。

ページの先頭へ

  ・カーゴタンク内部点検

定期検査時に、タンク内の異物及び内部構造物の異常等について点検を行い、報告書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
  ・ホールドスペース内点検

ホールドスペース内のタンク支持装置及び回転並びに移動防止装置その周辺の構造部材、防熱材等の点検を行い、報告書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
ページの先頭へ

 2)ディープウェルポンプ・ブースターポンプのメンテナンス及び部品供給


ポンプのメカニカルシール&ボールベアリングの交換及びポンプ下部のメンテナンスを行い、報告書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。

カーゴポンプのオーバーホールが必要な場合、ドック予定の3ヶ月前に当社にご連絡頂ければ、部品手配を含めて、オーバーホールまで当社にて施工いたします。
特殊なカーボン等を使った部品もあり、納期にかなりの時間を要することとなりますので、お早目に当社へ連絡を頂きます様お願いします。


ページの先頭へ

 3)ガスコンプレッサーのメンテナンス及び部品供給

ガスコンプレッサーを開放し、内部点検結果の報告書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。


部品手配を含めて、オーバーホールまで当社にて施工いたします。
ページの先頭へ

 4)荷役警報システム

荷役警報システムをIGCチェックシートに基づき点検し、乗組員殿へ警報の取扱説明も行います。
点検の際、不具合があれば直ちに修理を行い、必要な部品の供給も行います。
成績書を提出し、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
(乗組員による警報発信及び警報の説明をメジャーが要求しています。)
ページの先頭へ

 5)バルブ類

グローブバルブ、緊急遮断弁、スリップチューブゲージ等のメンテナンス及び部品供給を行います。

メジャー要求に応えるため、各バルブ類の漏洩防止を徹底するように各お客様から依頼を受けております。
ページの先頭へ

 6)安全弁

タンク本体付及び荷役配管付安全弁の噴出圧力の確認を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
必要に応じて分解整備及び部品交換を行います。
ページの先頭へ

 7)その他 荷役機器(カーゴヒーター・プロセスタンク等)

カーゴヒーターを含め、その他コンデンサー、ミストセパレーター、ノックアウトドラム、ドレンタンク等の荷役機器も点検し、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。


経年劣化した計器の交換及び部品の供給を行います。
ページの先頭へ

 8)ガス検知装置(固定式・携帯式)

固定式ガス検知装置及び携帯式ガス検知装置の作動確認及び部品交換を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
ページの先頭へ

 9)酸素測定器

酸素測定器の作動確認及び部品交換を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
ページの先頭へ

 10)保護具(空気ボンベ及びマスク等)

保護具(空気ボンベ及びマスク)等の点検診断及び部品交換を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
ページの先頭へ

 11)火災探知装置

火災探知装置の作動確認及び部品交換を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
ページの先頭へ

 12)二酸化炭素消火設備

二酸化炭素消火設備のボトル検量及び作動確認を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い、承認を得ます。
ページの先頭へ

 13)ドライケミカル消火設備

ドライケミカル消火設備のボトル検量及び作動確認を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い、承認を得ます。
ページの先頭へ

 14)消火器点検

消火器の点検を行い、成績書を提出すると共に、船級殿へ技術的説明を行い、承認を得ます。
ページの先頭へ

 15)ドック時の船級殿技術対応
 当社では船級検査項目を点検し、それらの成績書を作成すると共に、船級殿へ技術的説明を行い承認を得ます。
税関承認書類
ページの先頭へ